オンラインカジノの注意点

オンラインカジノ

オンラインカジノの歴史

世界のカジノには、様々な歴史がありますがもともと大河貴族たちが遊んでいたものが庶民に広がったと言われています。
そのため、今でも貴族が行っていたと言われているイギリスなどでは、カジノに行く場合には厳しいドレスコードがあるわけです。
ジーンズなどで中に入っていたとしても途中で追い出されてしまうか、かなり怪しい雰囲気の人だと思われてしまう可能性は否めません。

ラスベガスによるカジノは世界的に有名に

このように、本来であればイギリスなどの大河貴族の遊びから派生したものであっても、そこまで世界中に広がったわけではありませんが、後にラスベガスによるカジノは世界的に有名になりました。
日本人にはあまりなじみのないカジノかもしれませんが、ラスベガスまで行って遊んだ人もいるかもしれません。
マカオにも同じ物ができましたが、今では規模はマカオの方が規模が大きいと言われています。
いわゆるIR施設と呼ばれるものができ始めたのがその時代になります。
日本もマカオのIR施設を真似して国内にカジノができる場所を作ろうとしていましたが、当初は東京オリンピックあたりに作る予定でした。
しかし間に合わなかったため、結局2022年以降になっても具体的な話はほとんど進んでいません。
そのような場所を期待した人でも、期待を裏切るされたような形になりますが、実際はオンラインカジノと呼ばれるものがあり、それをプレイすることで勝負師の欲求を満たすことができるかもしれません。

オンラインカジノとは

オンラインカジノと言うのは名前の通りオンラインで行われるもので、スマートフォンさえあればできるのが特徴です。
スマートフォン自体は、様々なアプリがありますがアプリを導入して行うものからそうでないものまでいろいろ種類があるようです。
この歴史に関して言えば、当然元祖のカジノよりは古くありません。
あくまで、もともとあったカジノをオンラインのほうに持ってきたのがオンラインカジノになりますので歴史は30年位と言えるでしょう。
最近話を聞いた人は、過去2年位で出来上がったものに違いないと感じているかもしれません。
ところが実際には1990年代の中頃には既に存在したと言う情報もあります。
ただ当時は、今よりも知名度がなかったため、ごくわずかな人がそこに飛び込んだだけでした。

オンラインカジノ黎明期はいい加減な運営をする会社もあった

当然そこでお金を儲けることができるため、お金儲けをすることができた人は、さらにそのオンラインカジノに対して良い印象を抱く可能性が高いです。
ただ、当時はまだ法律の整備されておらず、黎明期だったため参加する人が少ない上にいい加減な運営をする会社もありました。
どのような時でも黎明期と呼ばれるものは、玉石混交なのが世の習いといえます。
良いものと悪いものが混ざり合っており、悪いものをつかんでしまうと大きな損失を出してしまうと言う流れになります。
黎明期から参加していた人は、比較的勝率は高いと言われていますが、その分だけリスクがあることを考えておかなければいけません。
勝率が高い割には、途中で会社がなくなったりあるいは会社は存続してもいい加減な上で支払うべきお金が支払われていないことなどもあるわけです。

現在のオンラインカジノについて

そして実際にそのような事はありました。
それどころか、お金を入金した後会社がどこかに逃亡してしまい、行方知れずになった前例も枚挙に暇がありません。
ただ、2010年以降になると、参加者も増えてきていい加減な会社等があった場合は、ネット上で口コミを確認することができるため、そこに参加しないと言う選択肢も得ることができます。
現在はまだ発展期になりますが、発展期もそろそろ終わりの頃と言えるでしょう。
やがて10年位の間は成熟期と呼ばれる期間に入るかもしれません。

悪質なオンラインカジノサイトの特徴

オンラインカジノには、良いものと悪いものが存在しています。
そのように述べると少しおかしな話に聞こえるかもしれませんが、大抵世の中のものは9割は優良なものですが1割はいい加減なものの可能性があります。
例えば情報系に関しては、そのようなものがたくさんありました。
過去の情報商材なども、いい加減なものが多く、それを買った瞬間に悪い噂が広まるといったこともあったわけです。
そして返金騒動などでその会社のビルの下に朝早くから並び返金を訴えた人もいるかもしれません。

悪質なオンラインカジノは実際に存在する

オンラインカジノでこのような音は一体あり得るのでしょうか。
結論から言えば、実際にはあると言われています。
ただ日本に上陸する前の段階でそのような会社はなくなってしまうため、なかなか出会う事はありませんが、それでも日本国内で勢いを強めているところは、ある程度海外でも実績があることがわかっています。
そのような所が突然捕まってしまうようなことをする事はないといえます。
ただそうであっても、海外ではなく日本の会社が海外の会社のふりをして主催しているところもあるかもしれません。

入金不要ボーナス等が非常に高い

怪しいことがあるとすれば、入金不要ボーナス等が非常に高いことかもしれません。
一般的には2000円から5000円位と言われている入金不要ボーナスですが、これが30,000円といった数字になれば、かなり怪しいと感じて間違いないでしょう。
しかも、期間限定などと呼ばれる言葉を用いることが多いです。
そもそもなぜボーナスが期間限定で2倍以上になるのか意味不明ですが、これらの裏が取れていない家は容易に入り込まないほうが良いかもしれないです。
悪質なところは、とにかく契約を急がせる傾向にあるかもしれません。
契約をした人がたくさんいれば、その分だけお金を儲けることができるからです。
形式だけそれっぽい形にしておき、中身のほうは結構いい加減な内容だったりすることもあるでしょう。
いずれにしても、早く入金をしろなどと言ってくることがあるかもしれません。

ボーナスも非常にありえない数字になっている

そしてボーナスも非常にありえない数字になっており、いかにも怪しい匂いがするのは間違いのないところです。
日本語サポートセンターなども存在していますが、そこでいちど話を聞いてみるのが良いかもしれません。
日本語対応であることは間違いありませんが、わからないことがあった場合質問することでわかることがあるかもしれません。
その会社の実態がわかれば儲け物ですが、そこまでわからなくとも少しでも雰囲気がおかしければやはりトレードするのはやめておいた方が良いです。
本当に上手なところがあるとすれば、独自にカジノを作り顧客を安心させることをするでしょう。
怪しんでいる事は下手に行動してもばれてしまいますので、なかなか行動しないかもしれません。

電話番号などを確認してみる

しかし、実際に楽しませて多くの人を参加させた後、一気に持ち逃げするといったことが考えられます。
持ち逃げをする前の段階で、電話番号などを確認してみても良いです。
代表電話と呼ばれるところがあり、その代表電話に関して本当に市外局番から始まるところならば、おそらくそこは問題ない会社といえます。
しかし、携帯電話が代表電話だとすれば、それはかなり怪しい証拠です。
普通の会社ならば、少なくともライセンスを取得している会社ならば連絡先ははっきりと書かれているでしょう。
しかも市外局番からの番号が書かれているわけであり、不幸が確認できれば安心することができます。
あといい加減なところがあるとすれば、お金の持ち逃げ等は無いにしても、還元率が非常に低いところなどが考えられます。
何故か勝負に負けてばかりいるようなところは、裏でいい加減な操作をしている可能性があるため、この点も意識しておかなければいけないところです。
比較ナビさんで紹介されているおすすめオンラインカジノから選べば、悪質なところを掴む心配がないので安心して遊べます。

儲けた場合の税金はどうなるの?

人間は生きていく以上は、税金を支払わなければいけない生き物です。
税金がどのように使われるかと言えば、国民に対して使われるケースがほとんどになります。
例えば、公共工事等で使われるケースが多いですが、それ以外にも様々な市町村や国などの動きの時税金がなければ動かすことができません。
そして公務員の給料としても使われるのが普通になります。

基本的には儲けた分は税金がかかる

では、オンラインカジノでお金儲けをした場合、やはり税金を納めるべきでしょうか。
これに関しては意見が様々ですが、基本的に儲けた分は税金がかかります。
とは言え、わずか数千円しかお金儲けをしていない場合は、特に申告しなくても良いかもしれません。
問題は、100,000円単位でお金を儲けた場合になります。
このような場合、かなり税金がかかると考えたようですが、そもそもここには1つの問題があります。
それは、主催しているのは日本企業ではないことです。
基本的に主催企業が外国であろうと日本であろうと、日本で収入を得た場合にはその人は課税対象となると考えているかもしれません。
もしそれが課税対象外となるならば、すべて外国の企業が運営しているものには税金がかからなくなってしまいます。
そうすると何かと不都合なことが起こりますので、いくら主催会社が海外の企業であったとしても、日本の税金はそこにかかると考えて良いでしょう。
稼いでいる場所が日本であることや日本人であることならば、税金がかかると考えているわけです。

500,000円以上稼いだ段階から課税対象

では、一体どれぐらいの税金がかかるのでしょうか。
基本的に、普通の所得と同じようになりますが一時所得と言うジャンルに分類されており、これは500,000円以上稼いだ段階から課税対象となると言われています。
この500,000円というのは、1年間に500,000円と言う意味であり1ヵ月単位であれば特にいくらでも関係ありません。
最初の数ヶ月は全く稼げていない状態でも、最後の1ヵ月で500,000円稼いでしまった場合には、課税所得の対象になります。
とは言え、オンラインカジノにおいては900,000円以上稼がなければ確定申告をする必要はありません。

確定申告について

この確定申告に関しては、個人の場合どのように考えたら良いでしょうか。
例えば、個人事業主ならば、その他の仕事の課税等と合わせて、申請するのが基本となっています。
これに対し、サラリーマンの場合には、大抵の場合会社の方で確定申告をしてくれるでしょう。
毎年11月位になると、確定申告に必要な書類を書いてほしいと会社側に言われ、よくわからないままハンコなどをしているかもしれませんが、つまりその段階で既に確定申告は済ませているわけです。
もし、個人で収入がある場合つまりオンラインカジノでお金儲けをした金額が900,000円以上ある場合は、新たに別に確定申告をしなければいけません。

会社で申告したときの源泉徴収票が必要

この時に必要なのは、会社で申告したときの源泉徴収票などです。
会社側で申告すると、年末から翌年にかけて源泉徴収票と呼ばれるものがもらえます。
この源泉徴収票をもらう場合、いくら課税されているのか明確になっているでしょう。
そこの課税金額を見ながら、合計金額を確定申告の時に記入するのが基本となっています。
では、900,000円以上お金儲けをしたけども、損失が出ている場合はどのように考えるでしょうか。
距離に損失が出ている場合はマイナスと考えて良いです。
例えば最初の半年間で、1,000,000円のお金儲けができたとします。
ビギナーズラックなどでそのような結果になることもありますが、残りの6ヶ月で900,000円ほど失った場合、+100,000円と言うことになるため、課税対象にはなりません。

ボーナスの出金条件って何?

これからオンラインカジノをスタートする場合や、初心者の場合にはいくつか気をつけておかなければいけないことがあります。
そのうちの1つは、ボーナスになります。
ボーナスは何箇所かもらえる場面がありますが、1番注目されているのは入金不要のものになります。

入金不要ボーナスとは

主催会社によってはこれがない場合もありますが、最近は入金不要ボーナスと呼ばれるものが存在します。
これは言葉通り、お金を入金しなくてもいきなり登録しただけでボーナスがもらえてしまうことです。
例えば、インターネットで買い物をする場合、インターネットの必要事項のところに自分の情報を記入するでしょう。
名前や生年月日、電話番号さらにはメールアドレスといったものを登録していきます。
そして登録が完了した場合、5000円分無料でもらえるボーナスがあるとすれば、非常にありがたいことと言えるかもしれません。
それと同じように、オンラインカジノは登録しただけでボーナスがもらえてしまうありがたい仕組みになります。

返報性の法則

なぜわざわざこのように企業側は大盤振る舞いをするのでしょうか。
これにはいくつか理由がありますが、1つは人間の心理を利用したものと言われています。
人間の心理の1つに、有名なものとして返報性の法則と呼ばれるものが存在するわけです。
返報性の法則と言うのは、例えばただで隣の住人からお土産をもらった場合、ありがたいと思う一方で、何か今度お返しをしなければならないと考えるかもしれません。
もらったのでまた貰いたいと考える人は非常に少なく、まずはお返しをしなければいけない事が頭の中に思い浮かぶでしょう。
これが返報性の法則と呼ばれるものになります。
ただでもらったものに関しては、何らかのお返しをしなければならないと言う1種の義務化のようなものが出てくるわけです。
オンラインカジノにおいても、入会をして登録をした当初に、3000円から5000円位のボーナスをもらうことができれば、ただでもらったことになるため、もしそのボーナスを使って遊び尽くした場合でも、何かを解消しなければならないと感じるかもしれません。

入金をしてそのまま遊び続ける結果になる

では具体的にどのようなお返しをするかと言えば、単純に入金をすることになります。
入金をしてそのまま遊び続ける結果になるわけです。
そうすると、還元率が95%程度であったとしても、オンラインカジノの主催会社は参加者が増えたことにより、お金儲けができることになります。
もう一つは、実際にカジノで遊んでもらうことが目的になります。
通常、今までオンラインカジノをしたことがない人にとっては、初めてカジノをすることになるわけですがそれは大きな壁があります。
つまり、お金を払うと言う事はそれだけ大きな壁を乗り越えなければ普通支払う事はしません。
何か新しいものを購入する場合、例えば今まで自動車を購入したことがなかった人が購入する場合にはお金を払うこと自体が大きな壁になってくるはずです。

無料でプレイできるメリット

いちどだけでも購入してしまうと、2回目からお金を払うこと自体にそこまで大きな抵抗はなくなります。
そうすると、主催会社からすれば、はじめてのお客さんを取得する場合には、最初からたくさんのお金を入金させると言う仕組み自体は実は大きな問題があることになります。
それがあることにより、入金自体してくれず結局登録はしたけども1度も遊ばずに終わってしまった人が多いと言う現象が生まれるかもしれません。
これを避けるために、とりあえず無料で遊ばせてあげるので遊んでくださいと言う仕組みにすれば、今まで抵抗を感じていた人でも、無料ならば自分でもやってみるかと考えるようになり、思わず参加してしまうわけです。
もちろんそれでもお金を払わない人もいるかもしれませんが、やってみてなんらかの良い結果が出た場合には、そのまま自分のお金を投入して続けることになります。

タイトルとURLをコピーしました